読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たばこを吸うたびに後悔していた20年。禁煙に何度も挑戦しても失敗し続けた私が、気持ちを〝解放する〟やり方を覚えたことで、たった3週間でタバコを完全にやめた方法

何度禁煙に挑戦しても3日も我慢できなかった私が、気持ちを〝解放する〟やり方を覚えたことで、たった3週間の短い期間でタバコから解放され、普通の生活をしているだけで自然と健康になる方法を紹介しています。

この期間で喫煙者にもどる人が多いんです。でもあることを変えれば大丈夫です。

見に来ていただきありがとございます。

こばっちです。

禁煙開始してから2~3日以降に

禁煙特有の症状離脱症状(禁断症状)が表れるようになます。

これからお話することをやっていただければ

この期間の離脱症状緩和することができるので

あまり辛さを感じないことなくこの期間をやり過ごすことができます。

ですが、やらないと多くの方と同じように

離脱症状に苦しむかもしれません。

「そんな美味しい話しがあるわけない!」

そう思いますか?

実はあるんです。

これは禁煙を成功させるために必要なことですので

頭に叩き込んでくださいね。

学校の授業なら「ここ試験出るぞー」とか言われるレベルです(笑)

あなたのこれまでの付き合いはそのままに、

自然と禁煙ができるようになれば

喫煙者の友人から「どうやって止めてんの?」と

尊敬の眼差しで聞かれるようになるかもしれません。

食事も美味しくなり、お昼のお弁当が

一つ高い健康的なお弁当にすることもができます。

すぐに実行することができるので

騙されたと思って実行してみてください。

「生活習慣」ってご存知ですよね。

その「習慣」を変えることで

禁煙による離脱症状を緩和することができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

「米デューク大の研究者が発表した論文によると

私たちの行動の40%は意思決定ではなく

「習慣」に基づくものだそうです。」

クーリエ・ジャポンの現場から(編集部ブログ)より

ーーーーーーーーーーーーーーーー

この期間で一番重要なのが生活習慣を変えることなんです。

「これまでの生活の流れでタバコをやめるだけじゃダメなの?」

「そんなこと言われてもな~。」

そう思う気持ちもわかります。

何十年と染み付いたタバコ習慣はすぐには難しいです。

ですが、ここでビシッとやっておけば

離脱症状から抜け出せるので工夫しながらでも

やめていきましょう!

【1、タバコと一緒にしていたことをやめてみましょう。】

例えば

・コーヒー

・アルコール

・味が濃い飲み物や食べ物

多くの人がこのあたりでしょうか?

では考え方を変えて違う物に置き換えてみましょう。

・コーヒー  →  紅茶

・アルコール  →  水かノンアルコールビール

・味が濃い飲み物や食べ物  →  お茶や薄味の料理。

これなら無理することなく変えれそうじゃありませんか?

【2、帰り道の順路変えたり寄り道をやめる】

これも大事ですね。

毎日同じ順路で帰ると、同じ場所で

「タバコ吸いたい」と思ういわゆる

「吸いたいスポット」が出てきます。

いつもの公園や駅前の喫煙所。

そのほか思い当たる場所ないですか?

離脱症状期間だけの間でも

この「吸いたいスポット」を

「見ない、寄らない、近づかない」

と心に決めてしまいましょう!

気分転換にもにもなり、

リフレッシュできるのでおすすめです!

今回は2つだけ紹介しました。

これだけでも効果はでますので

今日からでも実行してみてください。

それではこのへんで。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お気持ちのワンクリックお願いします♪


人気ブログランキングへ