読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たばこを吸うたびに後悔していた20年。禁煙に何度も挑戦しても失敗し続けた私が、気持ちを〝解放する〟やり方を覚えたことで、たった3週間でタバコを完全にやめた方法

何度禁煙に挑戦しても3日も我慢できなかった私が、気持ちを〝解放する〟やり方を覚えたことで、たった3週間の短い期間でタバコから解放され、普通の生活をしているだけで自然と健康になる方法を紹介しています。

タバコの煙が迷惑になっているかも?と思う必要があります。

見に来ていただきありがとうございます。

こばっちです。

近所の公園にて。

喫煙者の皆さんの中に、あえて禁煙しないという方っていますか?

私の知り合いに「禁煙、禁煙言われるとやめたくなくなる」って人とか、

「禁煙ブームと言われてもやめないよ。なんか追い出そうとしてる感じが嫌なんだよね。」って人もいます。

田舎の空気は「美味しいな~」と

言っておきながらすぐに喫煙する人もいます。

昔の私のように・・・。

別にそれがいけないとは言いません。

でも、少し考えてみてください。

喫煙は吸っている個人の問題ですけど、

吸わない家族や友人、会社の同僚が

あなたの吐き出す煙を吸っていることを。

もちろん、すぐに重いリスクにはなりません。

徐々に徐々に積み重なるだけです。

家族はどうでしょうか?

あなたの吐き出す煙を毎日吸うわけです。

口では「大切だ」と言っているのにです。

矛盾していますね。

随分昔に蛍族って言葉がありましたよね。

マンションなど集合住宅のベランダにおいて、あちこちで出たり入ったりして

喫煙する際のタバコの火種が、まるで蛍の光のように見えるため、1989年頃から新語として発生した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/蛍族

ーーーーWikipediaよりーーーーー

喫煙は個人の自由です。

いまの風潮は大げさな部分もあります。

たかがタバコ、されどタバコ。

大切な人のために止める決断も必要だと思います。

ではこのへんで。

コメントお待ちしています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

お気持ちのワンクリックお願いします♪


人気ブログランキングへ